自毛植毛で手術をするときはクリニックとドクターをしっかり選ぼう

hair transplantation

自己植毛が手っ取り早い

イケメン男性

禿る、ということはきついです。それは男女ともに非常に厳しいでしょう。禿ることは実際には健康的に意味があるわけではないです。ほぼ無害です。日射が直接当たることがある、という程度であり、衛生面でもそこまで問題があるわけでもありませんから、実害的には実は禿ることはそんなに問題があるわけではないのです。
しかし、ビジュアル的に問題があるのは確かであるといえるでしょう。特に男性はかなりハゲやすい性質を持っているといえます。これは一体どういうことか、といいますとAGAというのがあるからです。男性型脱毛症というやつであり、男性ホルモン云々によって起きることになります。ちなみに女性に絶対起きない、というわけではありませんから勘違いしないことです。このハゲ方に関してですが植毛をすることが実は最も手っ取り早く、お勧めできます。
植毛といってもやり方が二つあるのですがその一つの自毛植毛がよいでしょう。自毛植毛には自分の毛の細胞を使う、ということになりますから、抵抗がない、ということが多く、かなり安心してやってもらうことができます。しかし、さすがに自毛植毛は費用的にはかなり嵩むことになりますから、その点は覚悟しておいたほうがよいでしょう。それは注意するべきでしょう。

自毛植毛をしたいときの費用

自毛植毛というのは、ハゲに対して有効です。要するにAGAなどによる脱毛などに効果があるわけです。髪の毛を植えるわけです。これは人工的なものではなく、自分の毛を植えることになり、メリットが大きくあります。自分の毛なので免疫などによって反発されないわけです。その点が、実はかなり安心できるでしょう。つまりは、効果が期待できます。そもそもAGAとはなんなのか、ということになりますがこれは男性が引き起こしやすい脱毛症状であり、頭頂部などから禿げていくことになります。
原因としては男性ホルモンなどがあるのですが、とにかく禿げていくことには違いなく、そのためにはいろいろと対策があるわけです。しかし、根本的に、それも手っ取り早く解決することができる方法としてあるのはなんといっても自毛植毛になります。自分の毛を植毛するわけですから、そのままキチンと生えてくれるようになります。範囲によっても違うことではありますが、とにかくメリットがあるやり方であるといえるでしょう。但し、さすがに費用がかかることになります。そもそもまず大事になってくるのが自己負担になる、という部分です。治療ではあるのですが、自毛植毛自体は自己負担になりますから注意しましょう。

自毛植毛ができない体の状態について

植毛というとその種類には、人工の毛を移植するタイプのものと、自分の毛を移植するタイプのものがあります。その中でも自分の毛を移植する自毛植毛は、自分の髪なので他の髪との差異がなく自然な感じに仕上げることができること、さらにお手入れなども不要なので薄毛で悩む多くの方に支持をされています。
現在生えている健康的な毛を皮膚ごと移植するので、健康的な髪の毛が残っていることが絶対条件ですが、それ以外にも体の状態によっては自毛植毛ができない場合があります。自毛植毛は手術となるので、持病を持っている方の場合、自毛植毛ができない場合があります。その一つが糖尿病です。糖尿病の方は元々手術というもの自体にリスクが高くなることもありますが、手術によりできた傷が治りにくい為感染症に掛かりやすくなります。また、皮膚に疾患がある場合も状況によっては自毛植毛ができない場合があります。
また、精神的な疾患がある場合も自毛植毛はお勧めできません。というのも、自毛植毛は植毛後に一旦脱毛が起こります。その為、症状を悪化させたり、更なる疾患を引き起こす可能性があるために自毛植毛は薦められていません。さらに薄毛の原因が病気によるものという場合も、まずは根本治療を行わなくてはなりません。薄毛の原因をしっかりと解決してから、自毛植毛を行うべきでしょう。

イチオシの記事

TOP