自毛植毛で手術をするときはクリニックとドクターをしっかり選ぼう

hair transplantation

自毛植毛について理解しよう

頭髪についてそれぞれ悩みはあると思います。とくに、男性は自分の頭髪について、鏡を見るたびに薄くなってきた事を受け止める事は、非常にやりきれない気持ちになり、仕事にしろ特に営業職ならなおさら人前に出るのが億劫になったり、精神的にも辛い思いをされている方も多いのではないでしょうか。そんなお悩みを解決してくれる方法として、自毛植毛があるのはご存じでしょうか。
一般的なCMで見るような人工植毛とは違い、自らの毛を頭皮に移植するという外科的な植毛方法の事を言います。比較的、若くして薄毛に悩まれている方におすすめしたい植毛方法です。自毛というだけあって、全体が薄い方には向きませんが、ごく一部にハゲがある場合、例えば頭頂部だとかつむじ付近だったり、サイドや後頭部には自毛がある方が一株ずつ自毛の生えた皮膚を切り取り、ハゲの頭皮に移植します。そうすることで、頭皮が根付く事で自毛が生えてくるといった仕組みです。自毛という事は元ある頭髪となんら代わり映えなく、自然と馴染む事ができます。なので、年月が過ぎれば白髪にもなります。しかし、安易に移植に踏み切る事はできないのが現実で、施術には保険外ですし、移植というだけあって、頭皮が落ち着くまでの経過観察も必要となるからです。それらを踏まえた上で、自毛植毛という選択肢によって、たくさんの人が救われる事を祈りたいです。

イチオシの記事

TOP