自毛植毛で手術をするときはクリニックとドクターをしっかり選ぼう

hair transplantation

自毛植毛の手術方法「FUT法」とは?

植毛という言葉は誰でも耳にしたことがあると思います。植毛には、人工の毛を植える人工毛植毛と、自分の毛を移植する自毛植毛があります。ドナーが自身なので、定着すれば周囲の毛と同じように成長し、術後のメンテナンスが不要であるということから、特に自毛植毛は人気があります。自毛植毛は手術となりますが、その術式にも色々あります。その一つが「FUT法」です。メスを使わない術式もありますが、FUT法はメスを使用する術式となります。FUT法では、ドナーとなる部分(自身の後頭部や側頭部など健康な毛が生えている部分)を帯状にメスで切り取ります。
採取したドナーは毛包単位で株分けを行い、その後薄毛の部分に植毛を行う方法です。 この術式のメリットは、ドナーとなる毛根を傷つけることが少ないという点です。頭皮を切り取ってから株分けを行う際には、一つ一つ顕微鏡で確認して行います。薄毛で悩む方にとって髪は一本たりとも無駄にしたくないところです。FUT法なら無駄なく植毛ができるというメリットがあります。デメリットは、頭皮を直接メスで切って縫合を行うので、回復までに時間が掛かり、個人差もありますが痛みも感じます。普段通りの生活に戻るまでも少し時間が掛かるというデメリットがあります。

イチオシの記事

TOP