自毛植毛で手術をするときはクリニックとドクターをしっかり選ぼう

hair transplantation

自毛植毛のドナーについて

薄毛を何とかしたい、育毛剤では効果がないという方、自毛植毛をご存知でしょうか? 自毛植毛は植毛方法の一つで、薄くなった自分の頭皮に、後頭部や側頭部などに生えている健康な自分の毛を皮膚ごと移植する植毛方法です。ドナーが自分なので拒絶反応も少なくて周りの毛になじみやすく、周りの毛と同じように成長をします。自毛植毛の方法として、FUE法とFUT法の2つがメジャーです。FUE法はメスを一切使わない移植方法です。毛根を一つ一つ「パンチブレード」と呼ばれる機械を用いて頭皮から切り抜いていきます。そして、移植したい部分に同じくパンチブレードで穴を開け、その穴にドナーを移植していく方法です。パンチグラフト法とも言われています。メスを使わないために痛みが少なく、切らないので回復までの時間も少なくて済みます。その反面、高い技術力が必要になるので、クリニックを選ぶ際には慎重にならなくてはなりません。
FUT法はメスを使った移植方法です。移植元となる頭皮を帯状に切り取って、株分け処理を行い、その後薄毛の部分に移植するという方法です。頭皮ごと切り取るので、毛根に傷を付けることなくドナーを採取する事ができます。その反面、メスを使い頭皮を切り取るので、術後の回復に時間画が掛かります。

イチオシの記事

TOP