自毛植毛で手術をするときはクリニックとドクターをしっかり選ぼう

hair transplantation

自毛植毛の手術でメスを使わない方法

薄毛で悩む方を救う手段の一つである植毛。その中でも自分自身がドナーとなり、健康な髪を抜け毛が気になる部分に植毛する「自毛植毛」は、定着するとメンテナンスも不要で他の髪と全く同じとなるので、お勧めの植毛方法です。自毛植毛は手術になりますが、その手術方法の一つに「FUE法」があります。FUE法は、グラフトを取得する際にメスを一切使用しない方法で、毛根を一つ一つくり抜く手術を行います。ダイレクト法とも言われています。グラフトの採取方法として、パンチブレードという機械を使用して一つ一つ毛根をくり抜きます。そして薄毛の部分にパンチブレードで小さな穴を開け、採取したグラフトを植えていきます。 メリットとしては、全てこのパンチブレードという機械で穴を開けて行う手術なので、メスで頭皮を切る必要がありません。傷も小さな穴だけなので、痛みも少なくて済みます。メスで切っていないために傷の修復も早いので、普段通りの日常生活もすぐに送れるようになります。
反面デメリットは、一つ一つくり抜くために毛根に傷を付けてしまう恐れがあります。医師の技量により左右される術法です。また一つ一つ採取し移植をしていくので、時間がとても掛かります。

イチオシの記事

TOP